リフォームの定義

リフォームとは、経年した建物に手を加える工事全般のことを言います。
この場合の工事は、補修・修繕、増築、改築などといったものが含まれています。

また、リフォームには経年劣化した家を修繕するといったものと、家族構成の変化などによる、ライフスタイルの変化への適応のためといった二種類があります。

経年劣化した家のリフォームは必要不可欠なもの。
ライフスタイルに合わせたリフォームはポジティブなリフォームと言うことができます。

ここでは、経年劣化した家のリフォームにフォーカスします。

家は建てた直後から劣化します。
これは家に限らず形あるもの全てが同じことが言えます。
但し、一生の中で一番お金をかけて購入している点が、一般的なものと違うと言えます。

さて、経年劣化のリフォームですが、これはマンションでも一軒家でも必要なモノです。
マンションの場合には、積み立て修繕費といった形で毎月徴収されて10年ごとに大規模な修繕を行うのが一般的です。
建築後のマンションで足場が組まれているのを見たりしますね。
大体、リフォームいわゆる大規模修繕と思って頂いて間違いありません。

一軒家の場合にもリフォームは10年が一つの目安になります。
一般的には、屋根と壁の修繕が中心になります。
屋根と壁の再塗装です。
壁はモルタルやサイディングといった種類は分かれますがどちらも再塗装を行います。
屋根はスレートと瓦といったわけ型ですが、スレートは再塗装、瓦は修理・交換ですね。